「アントレプレナーシップ」とは、私たちの生きている社会をよりよくするために、失敗を恐れずに果敢に挑戦する精神です。
それは、起業家になるだけでなく、どのような道に進んだとしても求められるものです。

ABOUT

アントレプレナーシップとは

「アントレプレナーシップ」とは、私たちの生きている社会をよりよくするために、失敗を恐れずに果敢に挑戦する精神です。それは、起業家になるだけでなく、どのような道に進んだとしても求められるものです。

茨城大学で、未来の可能性を広げる力を身に付けよう!

PROGRUM

プログラム

茨城大学では、すべての学生が卒業するまでに身に付けるべき5つの知識・能力「ディプロマ・ポリシー」を定めています。

本プログラムではさらに

いばらきに豊かさを生み出す起業家・社内起業家精神

1.

新たな価値を事業化するための
基礎的知識・技能

2.

地域や企業内から新たな価値を見出し、ビジネスによりその価値を高めようとするマインド

3.

失敗を恐れずに
新たな価値の創出に挑戦する
行動力及び分析力

起業して「社長」になろうとする精神だけでなく、 就職先で新たな事業にチャレンジする社内起業家精神(イントレプレナーシップ)も身に付けることができます。

①ホンモノに触れて力を付け、
仲間と磨き合う

・第一線で活躍する起業家や企業経営者等を招いた授業、ベンチャー企業等でのインターンシップ、疑似起業体験などを経て、実践的な力を身に付けます。

・教員、企業担当者、学生同士で気軽にディスカッションできるオープンスペースを設置予定。アイデアをぶつけ合ってブラッシュアップできます。

②地域の人々の役に立つ

・地域の企業や自治体と連携したカリキュラムを構築。茨城県の魅力や取り組むべき課題について、最前線で働く人から学びます。

・地域社会の抱える課題を知り、ビジネスの視点で持続的な解決策を探るマインド、スキルを身に付けます。

③どの学部でも受講可能

・学部のカリキュラムと並行してアントレプレナーシップを学ぶことができます。

・他学部の学生との議論や共同作業を通して仲間を見つけ、視野を広げることができます。

『アントレプレナーシップ、イントレプレナーシップってなに?』

起業家・社内起業家としての在り方の基礎を学びます。

・アントレプレナーシップが必要とされる背景を学び、自分の将来像を思い描く。

・企業経営者等の講義を聞いて、起業・社内起業にはどんなストーリーがあったか、起業・社内起業をするためにどんな知識・技能・環境が必要なのか理解する。

授業(1年次:3単位)

以下の3つの授業を履修します。様々なアントレプレナーの講義を聞いて、起業家・社内起業家として必要な資質・知識・技能を学びます。

営利・非営利を問わず社会課題を解決するために、アントレプレナー(起業家)やイントレプレナー(社内起業家)が求められる背景や、そのために必要な資質・能力について考えます。

入門Ⅰを踏まえ、イノベーションについて考えます。社会課題を解決するために、新たな価値を創出するイノベーション。イノベーションとは何なのか、イノベーションが求められる背景、それがどのように生み出されるのかについて、いくつかのテーマごとに学びます。

入門Ⅰ、入門Ⅱを踏まえ、営利、非営利を問わず具体的な社会課題解決について考えていきます。グループごとに、解決したい社会課題、創出したいイノベーションと組織のミッションについて、参考となる先行事例視察なども踏まえてアイディアをまとめ、プレゼンテーションを行います。このことで、社会課題を俯瞰的に捉え、その解決に向けて企画立案するプロセスを体感します。

『アントレプレナーシップを身に付けよう』

実践的な知識・技能を修得します。

・マーケティングや統計・データサイエンスなどの科目から、自分に必要なものを選択して学び、知識・技能を修得する。

・ビジネスプランコンテストなどの実践的な取組を通して、企画力や課題発見・解決能力を磨く。

授業(1年次~:2単位以上)

アントレプレナーシップを身に付けるために、関連する指定の科目の中から自分に必要なものを選択して履修し、専門的な知識・技能を修得します。

マネジメント、AI・データサイエンス、統計学、経営管理、知的財産、社会実装、Society5.0、デザイン思考、社会貢献、マーケティング など…

正課外活動(2年次~)

自身の夢の具現化の第一歩として、社会的ニーズの把握・分析、入門プログラムや基礎プログラムでの学びを活かして、ビジネスプランコンテストなど、指定の学内外の活動へ参加し、企画力や課題発見・解決力を磨きます。

『経営者になってみよう』

実践を通してこれまで身に付けた知識を統合します。

・ベンチャー企業等でのインターンシップに参加し、経営者の思いを聴き、企画の現場を体験する。

・起業を疑似体験し、これまで修得したスキルを実践し、高める。

授業(3年次~:2単位以上)

アントレプレナーシップ教育プログラム向けに特別に調整されたインターンシッププログラムに参加します。社長(代表)など経営層の鞄持ちや企業現場での活動などを通して、経営・企画・マーケティング・ブランディング・広報などについて実践的に学びます。 なお、インターンシップへの参加は、所定の手続きを行うことでiOP活動としてエントリーできます。

正課外活動(3年次~)

起業体験(プロジェクト実践)を行います。プログラムの集大成として、社会課題解決のために自らプロジェクトを企画立案し、実践することで、自身の夢の具現化に挑戦します。

PDCA(Plan→Do→Check→Action)サイクルを回しながら、社会的ニーズ、必要な資源、自身のもっている能力、足りない能力、長所・短所、適性について振り返りや分析を行い、目標達成を目指します。

※記載の内容は、2021年7月現在の予定です。

修了した後は? 社会での活躍のイメージは?

プログラムを通して身に付けた「失敗を恐れずにチャレンジする精神」、「企画力・課題解決能力」、「社会人としての基礎力」などを活かし、社会での活躍を目指します。 それぞれのステージで、「自分のやりたいこと」を実現しよう!
起業して経営者に
企業や行政機関で企画力を発揮
ソーシャルビジネスで社会課題を解決
茨城大学社会連携センター

〒310-8512 茨城県水戸市文京2-1-1 社会連携センター
TEL : 029-228-8413 FAX : 029-228-8495

Copyright©2021 Ibaraki University Social Collaboration Center.All rights reserved.