• 文字サイズ
  • 縮小
  • 拡大
  • 文字色・背景色
センターについて背景

センターについて

社会連携センター長ごあいさつ

交流 連携 未来に向けた活動を

 茨城大学は28年度からスタートした第3期中期目標期間(~33年度までの6年間)における基本目標において「地域創生の知の拠点となる大学、その中で世界的な強み・特色が輝く大学」となることをめざして、さまざまな取り組みを進めています。この目標実現に向けて、社会連携センターは地域社会と茨城大学を結ぶ『窓口』としての役割を基本としつつも、『行動する知(地)の拠点』としてCOC*事業と協働して茨城大学が持つ多様な資源を活用し、 “学生ファースト”を合言葉に、地域社会のさまざまな方々と社会の新たな価値の創造に向けて、以下のような活動を進めてまいります。 *文科省「地(知)の拠点整備事業」

社会連携センター長影山俊男
影山俊男茨城大学理事・社会連携センター長

 

  1. 地方公共団体、企業、市民の皆さま、茨城大学の卒業生などと広く積極的に交流、対話し、より良き未来社会づくりに向けて必要とされる考え方などを共有できるよう努めます。また多様な立場の方々が集い、豊かな未来づくりのために必要なことを話し合える地域のプラットフォームになることを目指します。
  2. さまざまな課題解決に取り組もうとする自治体や企業の皆さまと教員や時には学生が連携し、テーマや必要性に応じて共同研究、共同事業またプロジェクトの推進などを進めます。総合大学である茨城大学の持つさまざまな研究成果、知識の提供をはじめ、地域からのご支援や教育・研究の場と機会をいただけることも願っています。
  3. 知(地)の拠点としての役割のひとつに、地域の皆さまの協力を得ながら、未来社会を生き抜くたくましい茨大生を育成することがあります。大学教育はキャンパスだけで完結するものでもなく、地域の皆さまの協力を得ながら、地域社会や企業から求められる人材の育成とそのために必要とされる大学教育のあり方などを考えていきたいと思います。また地元中堅企業の皆さまとは永続的な企業活動に必要とされることなどを協議できる場を設けます。

社会連携センターは地域の皆さまのご協力をいただきながら、大学の総合力で地域との協働を積極的に進めていく所存ですので、茨城大学との連携については、お気軽に当センターにお問い合わせくださいますようお願い申し上げます。

平成28年4月 社会連携センター長 影山 俊男

 

活動内容

茨城大学は全5学部(人文社会科学部・教育学部・理学部・工学部・農学部)より成る国立の総合大学であり、教職員数約900人、在学生数約8,500人が水戸、日立、阿見のキャンパスにおいて幅広い分野で研究・教育活動を行っています。
茨城大学では、社会連携センターを窓口に、「地域に支えられ、地域から頼りにされる大学」を目標に、地域との連携活動を展開しています。総合大学の利点を活かして地域企業等との共同研究及び研究交流を推進することにより、地域社会における技術開発及び技術教育の振興に資すると共に、ベンチャービジネスの萌芽となるべき独創的な研究開発を推進し、高度な専門的職業能力を持った独創的人材の育成を図って、地域の産業や文化の知的拠点として社会に貢献することを目指しています。

社会連携センターの年報はこちらからご覧ください。

 

ページトップ